photo photo photo
photo photo

保育ダイアリー(新着情報)

  • 【碇ヶ関中央こども園】楽しかった電車遠足!
  • 【碇ヶ関中央こども園】第18回ふれあい運動会♪①
  • 【碇ヶ関中央こども園】第18回ふれあい運動会♪②
理念

和洋会の使命と役割

image
認定こども園は、就学前の教育・保育ニーズに対応する新たな選択肢です。
保護者が働いている・いないにかかわらず利用することができます。
集団活動・異年齢交流に大切な子ども集団を保ち、すこやかな育ちを支援します。
充実した地域子育て支援事業で、子育て家庭を支援する、認可・認定施設です。
子どもを取り巻く環境は、時代の流れに伴い飛躍的に変化しています。
しかし、決して子どもにとって望ましいものばかりではありません。
このような環境で「和洋会はどのような目的を持った施設か」 「私たちの使命とは何か」を保護者と共通理解していく必要があると考えています。
私たちは、安全・安心・親切・笑顔を胸に、地域を愛し、 地域に愛される施設になれるよう、日々努力していきます。  
「地域ネットワークづくり」に貢献する
私たちは、地域で子育てをしているすべての人が、安心して利用できる施設でありたいと思っています。 子育ての知識・経験・技術を活用し、情報を発信することも私たちの役目のひとつです。
地域人材や 社会資源の活用等、他機関と連携を取り合い、地域の方々へ、子どもたちの元気を伝えていきたいと思います。
子ども一人一人を受容し、生きる力を育む
子どもにとって全面的に認められることは、自分の価値を大きくするうえで、とても大切なこと
です。 園では、お母さんのような温かい愛情を持って子どもに接し、 やすらぎとぬくもりのある場所になるよう、環境づくりをしています。
職員も経験を重ね、専門性や人間性を高める
職員も一社会人、はじめから完璧な人間性を持っているわけではありません。
しかし、人との触れ合いや経験を通し、保育・教育の専門性や人間性を養い、 こども園という場
に限らない広い見識を一人一人が培うよう、自己研鑽に努めます。
また、常に原点にかえり、 みなさんと共に成長し続けていきますので、どうぞよろしくお願いし
ます。

大切なのは「抱きしめる」こと
子どもの頃に抱きしめられた記憶は、心の大切な場所にずっと残っていきます。
その記憶は「優しさ」や「思いやりの大切さ」を教えてくれたり、 「ひとりぼっちじゃないんだ」と思わせてくれたり、 「そこから先は行っちゃいけないよ」と止めてくれたりします。
子どもを、もっと抱きしめてあげてください。。。

和洋会の保育方針

image

子どもたちに「こうあって欲しい」「こういう心を身につけて欲しい」
という思いを具体的に示すため、保育目標を掲げ、職員全員でその想いや目的を共有し、日々の
園生活に活かしています。

和洋会の教育・保育
発達と日常生活の連続性を大切に
子どもたちの成長のペースは一人一人さまざまですが、ハイハイからつかまり立ちへ移行し、
一人歩きへつながるように、発達の道筋や順序性には共通のものがあります。
子どもの発達の順序性や連続性を踏まえ、より豊かな環境と出会いの中で、様々な能力を獲得
できるよう、一人一人心身の状態を把握し、毎日の生活のプロセス、育ちのプロセスを大切に
しています。
養護と教育の両方から保育をとらえ、生きる力の基礎を培う
子どもの可能性を信じること、子どもの持っている能力を育んでいくこと、保育とは子どもの
現在と未来をつなげる営みといえるでしょう。
子どもの現在のありのままを受け止め、一人の個として尊重します。
また、乳幼児期にふさわしい経験が積み重なるよう援助することや、園としての願い、保育の
意図を保護者に伝えながら、将来を生き抜く力を育んでいけるよう、保育・教育を行っていき
ます。

家庭でも元気なあいさつを
子どもは、大好きな人を真似ることで、自らの可能性を高めていきます。
その中でも「あいさつ」は、ご家庭の影響が最も大きく出ます。
大好きなお母さんやお父さんの元気なあいさつが、
子どもの「あいさつができる力」⇒「可能性」を育みます。